代表挨拶

ストレス社会と言われる現代だからこそ、音楽療法でストレスケアを

まずは音楽療法ラディーチェのWEBサイトにお越しいただきありがとうございます。
ラディーチェ代表兼音楽療法士の「山口知富美」と申します。

私は、叔父叔母が障害を持っていたことから、幼少期からよく人間の在り方について深く考えていました。
元々ピアノが好きだったこともあり、9歳の時に音楽療法士になることを決心し、大学卒業後はアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアで音楽療法の研鑽を積みました。

その後、もっとたくさんの人に音楽療法や音響療法を知って欲しいと考えたきっかけから、20年前に大村の地で音楽療法ラディーチェを開業。

体調が悪い時人は病院へ行きます。病院に行ってお薬をもらったり、手術を受けたりして悪いところを治しますが、それでも治らない時は心のケアも必要です。心は直接目には見えませんが「心身」という言葉があるように、心は体へ大きく影響しています。

病になってしまう前に「音・音楽」で心を癒し、自己治癒力を身につけて行くことがとても大切だと考えています。

ストレス社会と言われる現代社会。ストレスは溜め込むと心身共に不調を引き起こします。

明るく、楽しい人生を送るためにも、溜まったストレスを適度に発散させる。音楽療法ラディーチェはそれができる場所です。

プロフィール

生年月日 1956年3月18日
出身 長崎市
血液型 B型

保有資格

・日本音楽療法学会 認定音楽療法士
・NMT(脳神経学的) 音楽療法士
・マキノ式チャイム音響師

©  音楽療法ラディーチェ All Rights Reserved.
PAGE TOP